電話交換機pbxはビジネスフォンと何が違うのか解説します

電話交換機とビジネスフォンはどちらもオフィスで使用されますが、それぞれに共通する部分と異なる部分があります。電話交換機はpbxと呼ばれ、50台以上の電話機をつなぐネットワークを構築する際に使用されます。一方ビジネスフォンは50台以下の電話機による比較的小規模なネットワークを構築するのが主な目的とされます。いずれも社内の電話回線ネットワークを構築するための技術という点では共通しています。pbxとビジネスフォンのどちらを選択するかは、導入目的によって異なります。複数の事業所にまたがる大規模なネットワークを構築する場合にはpbxの方が適しています。交換機は複数の事業所間だけでなく同一事業所内の異なるフロアを内線回線でつなぐためにも利用可能です。

電話交換機とビジネスフォンの役割

pbxは50台以上の電話機をつないで大規模なネットワークを構築するための技術です。同一事業所内の複数のフロア間や、本店と支店など複数の事業所間で内線回線のネットワークを構築ができます。通話の相手方は社内と社外の両方の場合があります。複数のフロアや事業所間をつなぐことで通話コストを削減し、業務効率を向上するのに有効です。また複数の事業所間を結ぶネットワークには専用回線が使用されます。ビジネスフォンを使用すると50台程度の電話機による小規模なネットワークを構築できます。単独の事業所で使用され、主に社外からの通話を取り次ぐために利用されます。無人のオフィスにかかってきた電話を留守番録音したり、従業員の携帯電話に転送することができます。電話対応できる人数が少ない時間帯や、夜間・休日の電話対応などに役立ちます。

電話交換機とビジネスフォンのどちらを選ぶか

交換機とビジネスフォンは限られた内線回線を有効活用するために発達した技術です。いずれも社外からの電話を取り次ぐことができますが、どちらを選択するかは導入目的によって決まります。複数のフロア間や事業所間でネットワークを構築したい場合には交換機を選択します。交換機は基本的に50台以上の電話機をつなぐ技術ですが、50台未満の場合でも複数のフロアをつなぐような場合には活用できます。交換機は主に社内の通話に利用される技術です。社外からの電話を取り次ぐこともできます。ビジネスフォンも社内間の通話に使用できますが、社外からの電話への対応が主な目的となります。電話を利用する人が異なるエリアに存在するような場合には交換機を選ぶ方が合理的です。実際にいずれを選ぶかは利用形態と規模によって異なります。