気になる電話交換機pbxの価格について

電話交換機は一般的にpbx、構内交換機とも呼ばれており主に内線電話のネットワークを構築するために利用される技術です。内線電話のネットワークを構築する技術には他にもビジネスフォンがありますが、ビジネスフォンも電話交換機の一種とされます。pbxは複数事業所間や単一事業所内でも複数フロア間で50台を超える電話機をつなぐために利用されています。ビジネスフォンは単一事業所内で50台以下の電話機をつなぐために利用されます。またpbxにもアナログ音声をデジタル変換するものやインターネット回線を使用するものなど様々な種類があります。pbxもビジネスフォンも内線電話のネットワークを構築できる点では同様ですが、どのような形でネットワークを構築するのが合理的かは利用者の状況によって変化します。

電話交換機の導入に必要なコストとは

構内交換機とビジネスフォンには様々な種類のものが存在し、メーカーや導入する目的によってコストに違いが出てきます。ビジネスフォンの場合は小規模なネットワークを構築することを目的とするので基本的に構内交換機よりコストは安くなりますが、ネットワークの規模によっては構内交換機の方が安くなる場合もあります。一般的な導入価格はビジネスフォンの場合数十万円から数百万円ほどです。一方構内交換機の場合には数百万円から数千万円となります。よりコストを抑えてサービスを利用したい場合には、クラウド化されたものを選択するのが合理的です。従来型の構内交換機は事業所内に機器を設置する必要がありましたが、クラウド化されたものの場合には不要となります。電話回線などの工事が不要なためコストを抑えることができます。

コストを抑えて電話交換機を導入するには

ビジネスフォンは50台以下の電話機をつなぐ小規模なネットワークを構築するのに適していますが、構内交換機は数百台から数千台の電話機をつなぐ場合があります。構内交換機は複数事業所間などで大規模なネットワークの構築に利用されるのが一般的ですが、50台以下の電話機によるネットワークを構築するのに利用される場合も存在します。メーカーや機種によって機能にも違いがあるため、いずれを選択するかは利用目的によります。クラウド化された構内交換機であれば機器の設置しないため電話回線の工事も不要なだけでなく、耐用年数の経過による買い替えも不要です。また内線電話の設定を変更したり回線数を増減する場合にも、業者を呼ばずにインターネット上で行うことができます。構内交換機やビジネスフォンをどのように導入するかは利用目的によって異なりますが、クラウド化されたものを選択すればコストを抑えることができます。