どんなところで電話交換機pbxが使われているか

電話交換機はpbxとも呼ばれており、異なる場所に存在する電話機同士の内線ネットワークを構築するための技術です。本店と支店のように離れた場所にある事業所同士の間を結ぶだけでなく、単一の事業所内にある複数のフロア間を結ぶこともできます。電話交換機は主に50台を超える電話機同士の大規模なネットワークを構築するために利用されます。単一の事業所で50台以下の電話機による小規模なネットワークを築く場合にはビジネスフォンが有効です。電話交換機とビジネスフォンは共に限られた電話回線を有効に活用するために生まれた技術で、内線回線を通して電話を取り次ぐことができます。pbxとビジネスフォンは基本的に似た機能を有していますが、それぞれに異なる特徴があり使用される目的にも違いがあります。

電話交換機の効果的な活用法とは

pbxは50台を超える電話機による大規模なネットワークを構築するための技術です。主に複数の事業所間や複数のフロア間で電話回線をつなぐために使用されます。また本店と支店のように離れた場所にある事業所同士を結ぶ場合には専用の回線を使用します。pbxは主に社内における通話を目的としています。事業所内に敷設された電話回線を集約することで、内線回線を使用して電話機同士の発着信や通話ができます。事業所内の電話機から外線への発信や、外線から代表番号への着信を特定の電話機に転送することも可能です。複数の外線電話番号を特定の電話機に着信するように対応させている事例も多く見られます。交換機にはアナログ回線を使用したものの他にインターネット回線を使用するものが存在します。また通信事業者などによりクラウド化されたものもあり、自社で設置・運用する手間を省略できます。

複数の事業所間やフロア間でネットワークを構築する

交換機は複数の事業所間や複数フロア間を内線回線のネットワークでつなぐために利用されます。一般的には50台を超える電話機による大規模なネットワークが構築されますが、50台以下の場合でも利用できます。一方ビジネスフォンは単一の事業所内で、50台以下の電話機によるネットワークを構築するための技術です。交換機は社内と社外の両方からの電話に対応でき、主に社内通話を目的として使用されます。ビジネスフォンも社内通話に利用することは可能ですが、社外からの電話への対応が主な目的です。無人のオフィスへの電話に対応したい場合などはビジネスフォンを選択します。交換機とビジネスフォンはいずれも電話を取り次ぐ機能を有していますが、事業の規模や目的によってどちらを選択するかが決まります。