電話交換機pbxの種類をお教えします

電話交換機とはpbxとも呼ばれ、内線電話のネットワークを構築するために利用される機器です。日本では構内交換機と呼ばれることもあります。外線電話と内線電話、または内線電話同士を接続するのが主な機能です。公衆電話網からの着信を制御したり、本店と支店のように複数事業所間で内線通話網を構築することもできます。現在ではインターネット回線を使用しクラウド化されたものも存在しますが、それ以外の電話交換機は事業所の屋内に機器を設置して使用します。アナログ音声をデジタルに変換する装置が主に使用されていますが、インターネット回線を使用してシステムの制御をデジタル制御する方式のものも普及が進んでいます。pbxには様々な種類が存在し、それぞれに異なる特徴があります。

電話交換機の種類と特徴について

pbxと似たような機能を有する機器としてビジネスフォンが存在します。ビジネスフォンも内線電話のネットワークを構築するものなので、広義では構内交換機に含まれます。両者の大きな違いは前者が異なる事業所間や単一事業所内の複数フロアにある回線をつなぐのに対して、後者は主に単一事業所内の回線をつなぐのに使用される点にあります。また接続対象となる電話機の数も前者は50台を超えるのに対して後者は50台未満とされます。構内交換機には音声をデジタル化するものやインターネット回線を使用するもの、さらにシステムをクラウド化したものがあります。またunpbxと呼ばれるプログラムによって外部からの着信をオペレーターに自動的に振り分ける機能を搭載した構内交換機も存在し、コールセンターなどで使用されています。

よりコストを削減して電話交換機を使用するには

様々な種類の構内交換機のうち、事業所の屋内に機器の設置が不要となるのはクラウド化されたものです。音声信号や制御システムはインターネットプロトコルを基にしてデジタル処理されます。通話先がLAN内にある場合は内線電話として扱われますが、ネットワーク外にある場合にはアナログ変換して外部の電話網に接続します。海外の支社などへ電話する場合に従来型では通話料金が発生しましたが、クラウド化された構内交換機では発生しないため通信コストを削減できます。また従来の構内交換機の仕組みでは電話回線の工事を行う際にコストと時間が必要でした。回線数を増減したり内線の設定をする場合にも業者を呼ぶ必要があります。さらに保守期間を経過すると構内交換機の買い替えが求められます。クラウド化することで機器を設置する必要がなくなり、工事も不要となります。そのため従来型と比較してコストを削減することができます。

ナースコールシステムにはアイホン製やケアコム製ナースコール、スマホ連動ナースコールがあります。 関西エリアの大阪や奈良、京都にある病院向けに導入をおすすめしています。 ホテルの客室に無線LANを置くことで手軽に安価にインターネットを使用することができます。 保守サービスでは24時間対応や即日対応してくれるなどの大きなメリットがあります。 電話交換機のpbxでストレスフリーに情報交換